どんなスタイルで働くか

フリーエンジニアの場合、自分で仕事を探してくるようになると営業にかける時間、仕事をする時間、経理事務の時間などが必要になってきますので、かなり負担になってくると思います。ですが最近では、企業がフリーエンジニアを期間契約という形で雇用するところも増えてきて、その需要も広がっています。契約期間はその業務によって違うようですが、大きな問題がなければ引き続き契約を更新して、そのまま働くことも可能なようです。フリーランスの一番のメリットとも言える時間の管理を自分でするわけにはいきませんが、その分安定した収入を得ることが出来ますし、営業や事務などの煩わしさから逃れることも出来ます。
どちらの方が良いということはなく、自分に合った働き方が一番成果を出せると思いますので、これらのポイントについても客観的に判断出来るようにしなくてはいけないでしょう。仕事がないといった心配はしたくない、と考えるのであればこのような働き方もあることを知っておくといいでしょう。
逆に、仕事の心配はないのでその分時間を自由にしたいと思うのであれば、全て自分で管理して仕事を頑張ればいいでしょう。働き方も生き方も人それぞれ、自分に合った形が良いのではないでしょうか。ある程度の無理やストレスは必要ですが、必要以上のストレスは心身にあまり良い影響を与えませんので、見極めが大切です。

フリーエンジニアだけでなく、このような働き方をするフリーランスの人は多いので、企業に通勤しながらの働き方も視野に入れておくと仕事がないと困った時には、スムーズに進路変更が出来るのではないかと思います。フリーランスで仕事をするには、仕事だけでなく柔軟な考え方が必要なのだろう、と思うのです。