事前に準備しておくこと

会社に勤めていると、明日は仕事があるだろうかといった不安を抱える人は少ないのではないでしょうか。ですがフリーランスで働くフリーエンジニアなどにとっては仕事を獲得できるかどうかは死活問題ですから、切実な問題として悩んでいる人も多くいます。全てのフリーエンジニアが、仕事がないと困っているわけではありません。中には仕事の依頼が多すぎて、自分のキャパシティを超えてしまい困っている人もいるでしょう。この差はどこからくるのでしょうか。

まずはフリーエンジニアになる前の準備がどれだけなされているか、といったことが関係しています。会社に勤めている状況からフリーエンジニアになる場合に必要なのは、キャリアやスキルだけではありません。独立後の仕事に繋がる人脈作りが大切になってきます。独立後は以前勤めていた会社の関係先から仕事を請けるのが一番始めやすいと思います。どのような仕事内容なのかを理解していますし、親しくしている企業であれば独立のご祝儀として仕事を発注してくれるところが殆どです。そこから先の仕事に繋がるかどうかは、最初に請けた仕事の出来次第かもしれません。

また、新しい営業先に見せるための資料なども必要になってきますので、分かりやすく印象の強いものを用意しておかなくてはいけないでしょう。これは名刺にも言えることです。業務の内容が分かりやすいものだと、先々の仕事に繋がりやすいので注意を配りましょう。

そして金銭面の準備です。これが準備の中で一番慎重にしなくてはいけませんし、大切なことです。仕事をしてもすぐに収入になるとは限りません。
早くても納品してから翌月末の入金だと考えておかなくてはいけませんし、それ以上の場合もあります。収入にならない期間がどうしても発生してしまうので、その期間を乗り切るだけの資金がなくては余計なストレスになってしまうからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です