エンジニアであり経営者でもある

営業が仕事を運んできてくれる会社の場合は、仕事の質や量は営業頼みのところがあります。ですがフリーランスの場合は、営業から経理事務まで全てを自分一人でしなくてはいけません。その為、業務をするための知識や技術だけでは難しいところがあります。今まで会社がしてくれていた全ての業務を自分一人でしなくてはいけないのですから、それは大変なことです。フリーエンジニアの場合、一人のエンジニアとしての仕事がありますし、その仕事も精度が高いものでなくてはいけません。そして経営者としての仕事があります。これは方向性が定まっていないと仕事がないといった困った状況になってしまいかねません。そして営業の仕事に経理の仕事があります。ここは直接仕事に関わることであり、収入に繋がることなので取引先との素早い対応を求められることになります。

このように、従来の仕事だけでなく様々な仕事が一度に迫ってきますので今までの会社勤めの方が楽だったと感じるかもしれません。それでもフリーランスだからこそ感じられる仕事の手ごたえなどもありますし、時間を管理出来ることでプライベートを充実させることも可能です。フリーエンジニアの場合、企業に出向いてチームの一人として働くことに抵抗がなければ意外と仕事があるようですので、仕事がないと困った時には違う観点から仕事を探してみるのも良いかもしれません。仕事の話が始まってから入金されるまでが一つの仕事と考えておくと、仕事のスケジュールが立てやすくなります。あまり無理なスケジュールを立ててしまうと仕事の精度に影響が出ますので、力量にあった仕事を選ぶのもポイントです。フリーランスに転身したものの、中々仕事が獲得出来なくて困っているというエンジニアは私の話やこちらを参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です